ピンクのドレス

お色直しのドレスみたいですね。最初はこちらをメインにするつもりでした。だけどスカート丈が短いし、シンプル過ぎるかなあと、ボツ。
それでもせっかく作ったんだから、載せずにはおかないぞう。
ピンクドレス人形

身ごろの型紙は、靴手袋といっしょになっています。

ドレス作り

身ごろを2枚縫い合わせ、5ミリ程度の縫い代をつけてカットします。下は縫いません。
表に返し、アイロンをかけます。
ドレスの身ごろ

スカート布は、幅60~70センチ、長さ15~17センチくらい。それと同じ大きさのレース布を用意します。今回はレースを横地に使い、裾に耳を持ってきたので、レースの長さは、布よりも1センチ短くしました。
スカート布

スカート布とレースを重ね、いっしょにギャザーを寄せます。
スカートにギャザー

スカートの両端を1センチ残し、身ごろを縫いつけます。
縫いつける

スカートの後ろを、布・レースともども縫い合わせます。ただし、上2センチはあきとして縫い残します。
後ろを縫う

ぶ厚くなったギャザーの縫い代は、ジグザグステッチで固めてスカート側に倒しておきましょう。
あきの縫い代を折ってまつります。
あきをまつる

スカート布の裾を折って、千鳥がけでまつります。
裾まつり

身ごろのあきにスナップを縫いつけます。
スナップ

ギャザーの入ったレースを肩ひもとして縫いつけます。
肩ひも

胸とスカートに造花を縫いつけます。
花を飾る

ペチコート

幅50~60センチの布を輪にして、ウエストを1センチ折ってステッチをかけ、ゴムを通します。
丈はレース込みで13~15センチほど。レースの幅によって布の長さを調節してください。
白いペチコート

ヘッドドレス

帽子型の頭飾りです。これも簡単。

スカートとおそろいのレースを、8センチ×50センチにカットします。
両端を縫い合わせて輪にし、一辺にギャザーを寄せます。
ヘッドドレスを縫う

糸を強く引いて、全体を円形にまとめます。
円にする

直径4センチの円形にカットしたフェルトを中心に縫いつけます。
フェルトをつける

裏側にヘアクリップを縫いつけます。『エポスリーピン』とか『パッチン留め』とかいう品物のことです。
クリップ

フェルトの周囲に造花を縫いつけます。
ヘッドドレスできあがり

ウェディングドールズ
ピンクと紺
紺色のモーニングを着た男の子との取り合わせ。

コメント