ミニわんこポーチ

ころころ太った白い子犬。短毛ファー布で作ったぬいぐるみです。高さ10センチ。
ミニわんこ

小さいながらも、ただのぬいぐるみではなく、背中に6センチのファスナーがついていて、ボディの中には袋が。つまり、小物入れ。
背中にファスナー

小物入れとはいえ、袋があまりに小さいので、ほとんど用をなさないって感じです。キャラメルなら3個くらい入るかな。
コインをいくつか入れ、バッグやスマホにぶら下げておけば、自動販売機で飲み物を買うときに便利かも。
小さな物入れ

ファスナーつけに難儀

この作り方を載せようと思ったのですよ、ルンルン手芸に。

でも実際に作ってみると、ファスナーをつけるのにてこずりました。
やり方はパンダ小物入れと同じで、特別な技術は不要ですが、小さいから縫いにくいったらありゃしない。

多少は慣れている私だから、どうにかこうにかできたけど、ファスナーの上下はちょっとずれ気味。初心者のかたがたにすすめるのは、いささか問題がありそう。
この倍の大きさなら少しは楽でしょうが、ものを入れるには「ほとんど用をなさない」サイズだからこそ作りたくなったんです。

そういうわけで、ファスナータイプはポイして、別の方法を考えました。

ふた閉め方式

白と茶のぶち子犬。同じく10センチ。素材はイミテーションスエードです。
白お茶の子犬

背中の茶色い模様の片側がふたになっていて、ドットボタンで開け閉めします。ドットボタンは高価だし、厚いファー布には使いにくいので、スナップのほうが手軽です。
背中にふた

ふたが浮いてなんとなく落ち着きが悪いけど、とりあえずこの線でいくか。

だけどこの白茶模様、すでに公開したミニドッグとほぼ同じなのです。
もっと違う雰囲気で作りたいなあ。といって、複雑なまだらにすると、難易度が上がるし・・・。だらだら放置しているうちに歳月は流れ、やる気が失せました。

コンテンツとしては挫折したけど、転んでもただは起きぬとばかり、ブログネタで復活。ブログって、ゴミ箱のようなもんですな。

コメント